診療科・部門紹介・泌尿器科

診療の特徴

一般の泌尿器科的診察、検査、治療を行っています。具体的には

  1. 尿路性器癌(腎癌、腎孟尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍など)に対する手術、抗癌剤治療、放射線治療など。
  2. 排尿障害(前立腺肥大症、神経因性膀胱など)に対する検査(尿流量測定、膀胱内圧測定検査など)、薬物療法、手術(内視鏡下手術など)
  3. 小児泌尿器科(停留精巣、包茎、腎孟尿管狭窄症、膀胱尿管逆流症)に対する検査、治療を行っています。
  4. 慢性腎不全に対しては血液透析(シャント造設術)、腹膜透析を行っています。腎後性腎不全に対しては腎瘻造設術、尿管ステント留置、各種尿路変更術(回腸導管、尿管皮膚瘻)などを行っています。

いぐち あつし
井口 厚司(院長)

卒業年:昭和51年
出身医局:鹿児島大学泌尿器科
臨床研修指導医
日本泌尿器科学会専門医・指導医


もり かつひさ
森 勝久(医長)

卒業年:平成7年
出身医局:鹿児島大学泌尿器科
日本泌尿器科学会専門医・指導医


つるだ まさふみ
鶴田 雅史(医師)

卒業年:平成19年
出身医局:鹿児島大学泌尿器科


よねざわ ともかず
米澤 智一(医師)

卒業年:平成13年
出身医局:鹿児島大学泌尿器科
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医


  • トップページへ
  • ページの先頭へ