緩和ケア病床

当院は治療を受ける患者の皆様とご家族が安心して緩和ケアを受け、入院生活が出来るように緩和ケア病床を2床準備しております。
 
Q.緩和ケア病床はどこにあるの?
4病棟に2部屋あります。
 
 
 
Q.どのような設備があるでしょうか?
病室は患者の皆様とご家族が一緒に過ごしてていただけるように、広いお部屋と二畳の和室、キッチン、バス、トイレを完備しています。
 
   
 

   

 

Q.どんな人が利用できますか?
がんを治すための治療が体力的に難しい患者の皆様、またがんによる様々な症状を和らげ、楽になりたいと希望される患者の皆様です。
症状がコントロール出来れば、外出や外泊、退院も可能です。
 
Q.入院中はどのように過ごすのですか?
自宅での生活と変わらないように、患者の皆様とご家族が気兼ねなく自分らしい生活を送ることができるよう配慮いたします。
例えば:
「何時に身体を拭いてください。」 
「朝は7時に起こしてください。」
「家族とゆっくり話したいので午後は来ないでください。」
など通常の病院の規則通りでなく可能な限り患者の皆様やご家族のご希望に添えるようにします。
 
Q.食事の希望は聞いてもらえるの?

緩和ケア病床に入って頂いた方には、なるべく患者の皆様のお好みに合うように、また食べやすい食事や食材を工夫しひまわり食として、ご提供致します。このため、毎日栄養士が体調や希望を伺います。

 

Q.緩和ケアチームって何するの?
身体や心のつらさを和らげるための専門のチームです。主治医のほかに3人の医師、がん性疼痛看護認定看護師、カウンセラー、栄養士、薬剤師、放射線技師、MSWなどたくさんの専門職種がそれぞれの立場で患者の皆様、ご家族を支援します。
 
Q.料金はどれくらいですか?
入院、治療費は保険診療内です。
(例:社会保険3割負担の方で高額療養費制度使用し、1ヶ月約8~9万円+食費が1ヶ月約2万円)
それ以外に有料個室のため、お部屋代として1日7,770円かかります。
ご不明な点やご相談はがん相談支援室 がん専門相談員までお問い合わせください。

 

 

 



 

更新日:2014.06.03