TOP »病院のご案内 » » 病院情報の公表

病院情報の公表

DPC(診断群分類別包括制度)とは

 入院中に行った診療行為のうち、最も資源を投入した傷病名や、併存症、手術・処置の有無、 入院期間等によってあらかじめ定められた包括評価部分(1日あたりの定額×日数)と出来高部分に よって診療報酬を算定する方式のことです。 これによって医療行為の標準化や在院日数の短縮化を図ります。

病院情報の公開目的

 病院情報の公開は次の4つを目的としています。
 1)市民の皆様に対して当院の特徴、医療の質を理解していただきます。
 2)診療情報の精度向上に繋げます。
 3)当院の職員が自ら分析を行うことで、分析力、説明力の向上を図ります。
 4)公開したデータを院内で情報共有し、病院のマネージメントに繋げます。

使用するデータ

 DPC調査データ「様式1」「様式4」「Dファイル」

集計条件

 各年度(4月1日から3月31日まで)の退院患者さんを集計しています。 24時間以内に死亡した患者さん、生後1週間以内に死亡した新生児、歯科口腔外科に入院、労災保険、 交通事故などの自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)での入院、自費の患者さんのデータは含まれません。 また医療保険外との組み合わせがあるものは除外しています。(例:入院中に分娩した患者さんは除外しています。)

定義

・在院日数
 病院に入院していた日数(在院日数)です。
 例えば、1月1日に入院して、1月2日退院した場合は2日となります。

・患者数
 一連の入院を一患者としてカウントします。
 患者数が10未満の場合は‐(ハイフン)を表示しています。

・年齢
 入院時の満年齢で集計しています。

集計項目

1)年齢階級別退院患者数
  10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
  年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定しています。

2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3 位まで)

各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類(DPCコード)について、DPC コード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

3)初発の5大癌のUICC 病期分類別ならびに再発患者数

5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数について初発患者はUICC のTNM から示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数をカウントしています。

4)成人市中肺炎の重症度別患者数等
  成人(20歳以上)の市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しています。

5)脳梗塞のICD10 別患者数等
  脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しています。

6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  診療科別に手術件数の多い順に3術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。

7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DIC(播種性血管内凝固)、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者数と発症率について、最も医療資源を投入した傷病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」に分けて集計しております。


【平成27年度 病院指標】


 

更新日:2017.08.24