TOP »医療関係者の方へ »臨床研修センター » 後期研修プログラム

後期研修プログラム

・後期研修(3診療科)

診療科 研修期間 採用数
外科 5年コース 2~3名/年
整形外科 3年コース 1名/年
産婦人科 5年コース 2名/年
・到達目標
  各診療科にて設定
・問い合わせ先
  国立病院機構都城医療センター 事務部管理課/TEL 0986-23-4111 内線755
 
外科研修コース
 
・募集人数
 〈2~3名/年〉
 卒後3年目/前期基礎プログラム…良性疾患を中心に手術
 卒後4~5年目/前期基礎プログラム…早期の胃癌、大腸癌、乳癌の手術や鏡視下各種手術
 卒後6~7年目/専門プログラム…進行胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌および肝胆膵悪性疾患の手術まで
 
・目標
 外科(消化器、呼吸器、乳腺内分泌外科、外科救急)の知識習得と実践
 外科診断能力の研修と外科的手技の修練による外科の基礎研修
 
・取得手技
 診断手技
 内視鏡(胃内視鏡、大腸内視鏡、気管支鏡)や腹部超音波などの診断学
 治療手技・手術手技
 種々の外科的疾患を担当し、より多くの手術に参加する。
  1.ヘルニアなどの一般外科手術
  2.虫垂炎や胆石症(腹腔鏡下)
  3.開腹手術から、開胸手術、乳癌手術、大腸癌手術など
 
・目標症例数
 主要疾患経験目標症例数(5年間)
 胃癌/60例、大腸癌/60例、肝胆膵良性疾患/100例、肝胆膵癌/10例、乳癌/40例、
胸部良性疾患/10例、肺癌/10例、虫垂炎/40例、肛門良性疾患/20例、ソケイ等のヘルニア/120例
 
・診療科(専門領域)
 消化器外科、乳腺内分泌外科、呼吸器外科、一般外科、救急医療(救急蘇生、外傷、外科的集中治療)
 
・コースの概要
 各疾患毎に主治医として診断、治療を一貫して担当し、手術執刀は習熟度に応じて積極的に担当させる。
 各疾患の診断や治療に関する指導医との検討し、習熟度に応じて外来診療や術前検査も積極的に担当させる。
 
・取得資格
 日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医・専門医
 
 
整形外科研修コース
 
・募集人数
 〈1名/年〉
 卒後3年目/前期基礎プログラム…基礎プログラム前期(骨折などの外傷)
 卒後4年目/前期基礎プログラム…基礎プログラム後期(関連領域・他施設研修)
 卒後5年目/専門プログラム…専門プログラム(リウマチ・関節外科)
 
・研修コンセプト
 整形外一般からリウマチ外科専門医療まで
 
・関連領域・施設
 当院麻酔科、宮崎大学医学部整形外科など
 
・指導体制
 日本整形外科学会専門医 3名
 日本リウマチ学会専門医・指導医 1名
 
・獲得資格
 診療科診療医
 日本整形外科学会専門医受験資格
 日本リウマチ学会専門医受験資格
 
・整形外科の実績と研修目標
 〈平成25年度実績〉
 外来患者数:21.7名/日
 入院患者数:約23名/日
 手術総数:245件
 
・特 徴
 一般整形外科と関節リウマチ(RA)を中心に取り扱っている
 入院症例 :関節リウマチ(50)、骨折・靱帯損傷(50)、壊疽(15)、感染症(10)など
 目標症例数:関節リウマチ(10)、骨折・靱帯損傷(30)、壊疽(5)、感染症(3)
 手術は外傷と関節外科を中心に行っている
 手術症例 :人工関節置換(30)、人工骨頭置換(10)、骨接合(60)、切断(10)など
 目標症例数:※人工関節置換(5)、人工骨頭置換(3)、骨接合(20)、切断(3)
 ( )は年間の数である、 ※は3年目のみ
 
産婦人科研修コース
 
・募集人数
 〈2名/年〉
 卒後3年目/前期基礎プログラム…基礎プログラム前期(正常妊娠・分娩管理)(婦人科良性疾患診断管理)
 卒後4~5年目/前期基礎プログラム…基礎プログラム後期(産婦人科専門知識・手技)(関連領域・他施設研修)
 卒後6~7年目/専門プログラム…専門プログラム(異常妊娠の管理)(悪性腫瘍の診断・治療)
 
・目標
 1.正常妊娠、分娩の管理ができる
 2.婦人科良性疾患の診断と術後管理ができる
 3.産婦人科の専門的知識、手技の習得ができる
 4.異常妊娠の管理ができる
 5.悪性腫瘍の診断・治療法の選択、管理ができる
  ※希望があれば、当院NICU・小児科での研修も可能
 
・産婦人科の実績と研修目標
 〈平成25年実績〉
 外来患者数:約33人/日  手術総数:372例  分娩数:206例 (経膣分娩 110例、帝王切開分娩96例)
 
入院 子宮頚癌等 子宮体癌 卵巣癌 卵巣腫瘍 胞状奇胎 子宮筋腫
目標数(5年間) 10+25 5 5 100 5 100
手術 帝王切開 子宮全摘 円錐切除 卵巣癌 マンチェスター 附属器摘出
目標数(5年間) 200 100 35 5 15 100
・特 徴
 産科は異常妊娠を中心に診療
 婦人科は悪性腫瘍を中心に診療


 

更新日:2015.05.29