がん相談支援センター

がん相談支援センター


 がん相談支援センターは、がん専門相談員として研修を受けたスタッフ(看護師、医療ソーシャルワーカー)が常時勤務しており、がん治療や療養生活全般の相談、不安や悩みなどのご相談をお受けし問題解決のためのお手伝いをさせていただきます。

 また、相談内容に応じて専門の看護師(緩和ケア・化学療法・皮膚排泄ケア等)や薬剤師、管理栄養士等と連携を図っています。

他の医療機関で治療を受けている方やそのご家族など、どなたでも利用することができます。

 

こんな相談をお受けしています

〇がんと言われて不安、話を聞いてほしい
〇がんの治療について知りたい
〇がんの治療による外見の変化について悩んでいる (例えば、頭髪と体毛の脱毛、肌や体の変化など)
〇がんの治療費はいくらくらいかかるんだろう、どんな社会保障制度があるの?
セカンドオピニオンを受けたいけどどうしたらいいの?
〇治療を受けながら仕事を続けることができるのか不安
〇これからの療養のことを相談したい
〇家族のことを相談したい                   など

 

 

 
 

治療と仕事の両立について


 がんの治療をしながら仕事を続けることはできないと思っていませんか?
現在、がん患者さんの3人に1人は働きざかりの年代だと言われています。
今やがんは、医療技術の進歩により「長く付き合う病気」に変化しつつあります。
病気の種類によって治療期間は異なりますが、働きながら治療をしたい人にとってそれらをいかにして両立させるかは大きな問題です。

 
例えば・・
〇会社に自分の病気や治療のことをどう話せばいいか分からない
〇このまま仕事を続けるか、辞めた方がいいか悩んでいる
〇仕事を休んでいる間の生活を支える制度はないの?
〇副作用が心配で仕事を続けられるか不安  など
 
当院では、毎月第3木曜日に社会保険労務士による専門の相談窓口を開設しています。
専門家による相談窓口以外にも、医療ソーシャルワーカーが常時ご相談をお受けしています。

 

治療と仕事の両立について(ポスター)

 

おしゃべりがんサロン「ルピナスの会」


 「ルピナスの会」は、がんに関する情報を知りたい、病気になって辛かったことや治療の悩みなど、どなたでも気兼ねなく自由に話をしていただく交流の場です。
 黄色いルピナスの花言葉は「多くの仲間」。
 1人で悩まずに多くの仲間と、「ほっ」とひと息つける時間を一緒に過ごしませんか?
奇数月第3木曜日に開催しています。事前申し込みが必要ですので下記までご連絡ください。

 

詳細はこちら→おしゃべりがんサロン「ルピナスの会」

 

がん情報コーナー


 各種がんの小冊子やがんに関連した書籍・日常生活へのヒント集などを設置しています。
自由に閲覧したり、一部お持ち帰りいただけるものもあります。
 がん情報コーナーは正面玄関右のラウンジにあります。ぜひご活用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「がん相談支援センター」ご利用案内


相談日 月曜日~金曜日(祭日を除く)
時間 8:30~17:00
対象 がん患者さん、ご家族などどなたでもご利用いただけます
場所 相談支援センター(がん相談支援センター)  正面玄関右手にあります
相談料 無料
申込方法 直接おいでいただくか電話、FAX、電子メールでご相談ください
事前に予約していただくことをお勧めします
相談員 がん専門相談員:佐藤 洋子(看護師)、和田 智美(医療ソーシャルワーカー)
連 絡 先 TEL:(0986)-23-4111  FAX:(0986)-26-1893
※がんに関する相談とお伝えください
E-mail wada.tomomi.un@mail.hosp.go.jp


 

「がん相談支援センター」の案内図


≫地域がん診療連携拠点病院とは?


 

更新日:2020.04.30