TOP »お知らせ »お知らせ News » 新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症対策 当院の取り組み

 

当院では、入院や外来の患者さんや働く職員を感染症から守るため、
感染対策を行っています。面会制限等でご迷惑をおかけしますが、
すべての皆様の安全・安心を考慮した対応ですので何卒ご了承ください。

 

 

当院では、県内や近隣地域での新型コロナウイルス感染症の
発生動向に応じて院内の対応を定め、統一した感染対策を実施
しております。

 

 

 

 

1.面会制限

病院内への感染症持ち込み防止のため、院内の対応フェーズに応じて面会を禁止/制限
させていただいております。県内や近隣地域の感染発生動向に応じて制限が強化または緩和
されますので、院内の掲示等でご確認ください。
  ◆最新の情報は下記よりご参照ください。
   2020年9月23日 面会制限のお知らせ
  ◆その他
   入退院時の付き添いや手術や検査時の待機の際は、少人数(1~2人)で
   お願いしています。必ずマスク着用をお願いします。

 

2.外来での感染対策
1)来院者への健康チェックの徹底
  ・正面玄関で、職員が来院者に対し非接触型の体温計を
   用いて発熱者のチェックを行っています。
  ・ポスターや掲示物で健康状態や感染者との接触歴を
   確認させていただいています。
  ・納品等を行う外部業者の健康チェックを
   徹底しています。

  ・修理や点検等で立ち入る業者に対しては問診票を記載し
   確認の上、院内に入ることを許可しています。

 

2)3密を回避するための取り組み
  ・待合での密集を避けるため、椅子の配置を工夫して
   います。待合の椅子には、間隔を空けて座ってもらう
   ようお願いしています。
  ・飛沫感染防止のため、各受付へ遮蔽カーテンを設置して
   います。
  ・来院される方へ、マスクの着用と手指衛生をお願いしています。

 

3)感染疑い患者さんの隔離の徹底
  ・発熱等の症状がある患者さんは、一般の方とは別の隔離室で診療を行っています。
   必要な感染予防の防護具を配置し、職員の曝露予防にも努めています。

 

3.職員の健康管理
  ・毎日、勤務前に職員の健康チェックを実施しています。
  ・発熱等ある場合には職場長へ報告し、体調不良のまま
   無理をして勤務しないように努めています。
  ・手指衛生やマスク着用を徹底し、感染対策の基本となる
   標準予防策の遵守に努めています。
  ・休憩室や更衣室での感染予防を行っています。
  ・不要不急の県外(感染拡大地域)への移動の自粛、
   大人数での会食の自粛を行っています。

 

4.正面玄関等病院出入り口の開錠時間について
  ・来院する方の健康チェックの徹底と不要な出入りを制限するため院内の入口開錠時
   間を調整しています。
   <正面玄関>   午前8:10開錠 午後5:30施錠
   <時間外出入口> 終日施錠
            ※時間外の来院の方は時間外窓口にお申し出ください
   <病棟面会受付出入口>
           (月~木)11:00開錠 午後5:30施錠
           (金)10:00開錠 午後5:30施錠

 

令和2年9月 国立病院機構 都城医療センター



 

更新日:2020.09.30