TOP »診療科・部門紹介 »組織横断的チーム
559

組織横断的チームについて

主な活動内容

 
1.院内感染症のサーベイランスと評価
 毎月、院内各部門の責任者をメンバーとするICT部会を開催し、院内における感染症の発生状況、各種サーベイランス、院内検出病原体、抗菌剤使用状況、感染症に関する法令等についての情報を共有・協議しています。
  ※サーベイランスとは、調査監視のことです。
  ※感染症サーベイランスとは、感染症の発生状況を調査、集計することにより、感染症の蔓延と予防に役立てるシステムのことです。
2.院内ラウンド
 ICTメンバーにて1回/週院内ラウンドを実施し、現場の感染管理状況の監視、指導を行っています。
 その他にも、ICT部会にて日々の感染対策について検討してます。
3.各種サーベイランスの実施
 耐性菌、抗菌薬、手指衛生剤等を実施し、院内報告を行っています。
 週報・月報を作成し、院内Webにて全職員へ配信しています。
4.感染管理教育の実施
 医師、看護師、コメディカル、事務部門への感染管理教育研修や院外研修を開催しています。(2~3回/年)
5.感染対策マニュアルの作成と改訂
 感染症法やCDCガイドラインに基づく感染対策マニュアルの作成と改訂を行っています。
6.職業感染防止対策の実施
 釘止し・切創防止対策・インフルエンザ等のワクチン接種について、啓発活動を行っています。
7. 地域医療施設との連携
 感染防止対策加算I施設として、地域医療施設と感染に関する合同カンファレンスを開催しています(4回/年)。
 また、感染に関する相談・指導を行っています。その他、地域医療施設との施設ラウンド評価を行い改善に向けて活動しています。
8. 地域への貢献
 地域住民の皆様に、健康フェスタや市民講座を通して感染防止のための教育を行っています。
 「正しい手洗い方法をマスターしましょう!」「インフルエンザを予防に必要なこと!」など
 
褥瘡対策チームの設置目的

褥瘡対策を協議・検討し、その効率的な推進を図ると共に、個々の患者にとって最適な栄養管理を実施することを目的としている。
 
褥瘡対策チームの役割

褥瘡対策チームの役割:定例会を第1火曜日に開催、以下の事項を調査・審議する。
 1)褥瘡及び合併する感染対策の確立に関すること
 2)褥瘡と合併する感染予防の実施、監視及び指導に関すること
 3)感染褥瘡源の調査に関すること
 4)褥瘡予防に係る情報の収集かつ、栄養管理の判定・評価に関すること
 
 

NSTメンバー構成

職種 人数 詳細
医師・歯科医師 2名 消化器内科(日本静脈経腸栄養学会認定医、NST専門療法士教育認定施設指導医)、歯科口腔外科
看護師 7名
看護師長、皮膚排泄ケア認定看護師、
NST専任看護師(NST専門療法士)、NSTリンクナース
管理栄養士 2名 主任栄養士(NST専門療法士)、NST専任管理栄養士(NST専門療法士)
薬剤師 1名 NST 専任薬剤師
作業療法士 1名  
臨床検査技師 1名  
事務官 1名  

 

NST活動内容

スタッフミーティング

主治医からの依頼や、栄養状態の悪い患者様をリストアップし、栄養サポートが必要かどうかの判断や、対象患者様の回診内容の検討や栄養改善の方針を提案しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
NSTラウンド

実際に患者様の要望を伺ったり、栄養状態の確認を行うため、一人一人への訪問を実施しております。
 
 





 
 
 
 
 
当院のNSTについて

2009年4月1日 栄養サポートチーム(NST)設立
2010年6月1日 栄養サポートチーム加算
2016年4月1日 日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)NST稼働認定施設
          NST稼働認定施設
2017年4月1日 日本栄養療法推進協議会 NST稼働認定施設
2017年4月1日 日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)
          「栄養サポートチーム専門療法士」認定教育施設
 
 
 
NST専門療法士認定研修

2020年度 NST認定教育研修中止のご案内

 当院では、日本臨床栄養代謝学会認定規則に基づく「栄養サポートチーム(NST)専門療法士」の実地修練(40時間)を行っています。本年度も実習生の受け入れ準備を進めて参りましたが、新型コロナウイルス感染の動向を鑑み、本年度の研修は中止とすることと致しました。 当院での研修を予定されていた医療関係者各位におかれましては、大変申し訳ありませんがご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

NST40時間研修、1回/年(月曜日~金曜日までの40時間研修)

都城医療センターにおけるNST研修の目標は、よりよい栄養療法をチーム医療として提供ができるNST専門療法士になるための基本を身に付けることにあります。

医師、歯科医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、作業療法士(理学療法士)、臨床検査技師が多岐に連携し稼働する都城医療センターNSTでは、2010年6月より栄養サポートチーム加算を算定できる体制で活動しています。研修ではこの算定条件である40時間研修プログラムになっています。

日本静脈経腸栄養学会認定教育施設として「日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士」の受験資格を取得する目的に40時間の研修プログラムを企画いたしました。

1.研修費 15,000円

2.参加申込 申込書をダウンロードのうえ、メールまたはFAXにて提出して下さい

3.令和元年度プログラム  program_nst_2019.pdf

4.NST専門療法士認定研修の開催について  guide_nst_2019.docx

5.参加申込ダウンロード   sanka_nst_2019.doc

※終了しました

 

 

NST E-mailサービス


当院では、栄養管理に関する皆様のご相談を受け付けております。
栄養管理で困ったことなどございましたら、お気軽に以下のアドレスへご連絡下さい。
褥瘡対策チームの設置目的

褥瘡対策を協議・検討し、その効率的な推進を図ると共に、個々の患者にとって最適な栄養管理を実施することを目的としている。
 
褥瘡対策チームの役割

褥瘡対策チームの役割:定例会を第1火曜日に開催、以下の事項を調査・審議する。
 1)褥瘡及び合併する感染対策の確立に関すること
 2)褥瘡と合併する感染予防の実施、監視及び指導に関すること
 3)感染褥瘡源の調査に関すること
 4)褥瘡予防に係る情報の収集かつ、栄養管理の判定・評価に関すること
 
 

褥瘡対策チームとその活動

【褥瘡対策チーム】
皮膚科医師、皮膚・排泄ケア認定看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、各病棟の看護師

 

活動内容


 1)褥瘡予防に関する診療・看護計画に関すること
 2)「褥瘡予防に関する診療計画・看護計画」により対象患者の選定
 3)褥瘡患者の評価に関する事項:毎火曜日に褥瘡対策チームによる褥瘡ラウンドの実施
 4)褥瘡発生・転帰報告に関すること
 5)定期的な勉強会(講演会)を開催し、職員の知識の向上、啓発を行う。
 
 
 
 
褥瘡対策チームの設置目的

褥瘡対策を協議・検討し、その効率的な推進を図ると共に、個々の患者にとって最適な栄養管理を実施することを目的としている。
 
褥瘡対策チームの役割

褥瘡対策チームの役割:定例会を第1火曜日に開催、以下の事項を調査・審議する。
 1)褥瘡及び合併する感染対策の確立に関すること
 2)褥瘡と合併する感染予防の実施、監視及び指導に関すること
 3)感染褥瘡源の調査に関すること
 4)褥瘡予防に係る情報の収集かつ、栄養管理の判定・評価に関すること
 
 

 

更新日:2020.05.11