診療科について

前田 宏一(部長)

日本内科学会認定医・専門医
日本血液学会専門医

加藤 順也(医長)

日本内科学会認定医・専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

石井 隆雄(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

阿南 隆一郎(医長)

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会臨床遺伝専門医指導医

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

今津 善史(医長)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

巻幡 聰(医長)

日本呼吸器外科学会専門医

CT検診認定医

JATECプロバイダー

加藤 文章(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

後藤 又朗(統括診療部長)

消化器がん外科治療認定医

日本消化器外科学会専門医

緒方 健一(部長)

日本消化器外科学会専門医・指導医

日本消化器病学会専門医・指導医

日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

日本消化管学会専門医・指導医

日本臨床腫瘍学会暫定指導医

日本がん治療認定医

腹部救急認定医

米国外科学会フェロー(F.A.C.S)

田中 洋(医長)

日本消化器外科学会専門医

消化器がん外科治療認定医

日本がん治療認定医

杉原 栄孝(医師)

日本消化器外科学会専門医

消化器がん外科治療認定医

日本がん治療認定医

森永 剛司(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

駒田 直人(医長)

日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本内科学会認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医

藤原 利成(医師)

日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

土肥 容子(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

吉川 教恵(医長)

日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本体育協会公認スポーツドクター

上通 一師(医長)

黒木 智文(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

吉川 教恵(医長)

日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本体育協会公認スポーツドクター

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

山崎 丈嗣(医長)

日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医

日本がん治療認定機構がん治療認定医

医学博士(鹿児島大学)

慶田 喜文(医師)

日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医

日本がん治療認定機構がん治療認定医

川上 一誠(医師)

福元 渉(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

中山 文子(非常勤医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

徳永 修一(医長)

母体保護法指定医

古田 賢(医師)

NCPRインストラクター

古田 祐美(医師)

後藤 夏美(医師)

河野 猛嗣(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

栁邊 秀一(医長)

裵 孝埈(医師)

中川 緑 (医師)

明利 聡瑠(医師)

片山 太輔(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

外山 勝浩(医長)

日本がん治療認定医機構認定医

津曲 省吾(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

加治屋 芳樹(部長)

日野 祐一(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

田畑 雅士(部長)

新屋 俊明(医師)

西久保 舞(医師)

口腔がんの治療

写真は右舌がんの患者さんで、ほぼ、舌半分が癌に占められていました。
当科ではできるだけ、舌の機能を温存するため、手術前に放射線治療、抗がん剤による化学療法を行い、
 
腫瘍を出来るだけ小さくします。約1ヶ月の治療でほぼ、腫瘍と潰瘍は無くなります
 
 
腕からの皮弁手術でほぼ舌半分を切除し、腕からの皮弁にて再建します。
舌半分切除した後でも、食事も会話にも支障がなく、日常生活ができています。
 
インプラント治療
インプラント治療は基本的に骨に人工歯根のインプラントを植立し、骨と結合してから、人工の歯を作る治療です。ただ、歯が無くなった事で骨はどんどん痩せてきます。最近、CT検査の発達で残存している骨の量、方向を正確に診断する事が出来る様になり、CT情報をもとにナビゲーションサージェリーが出来る様になりました。
 
 
手術前にCTを撮影し、その情報をコンピューター上でシュミレーションします。写真の患者さんは上顎洞までの距離が短く、上顎洞と交通する危険性のある方でした。シュミレーションし、インプラントの方向、深さ、傾きなどを設定します。その情報をもとにサージカルガイドが出来てきます。
 
サージカルガイドです。
 
手術はそのガイド通りに、ドライバーで形成し、インプラントを埋め込みます。この手術では粘膜を切開し、大きく開く必要はありません。
おかげで、術後の痛み、腫れがなくなり、軽い手術が可能となりました。
 
術後のレントゲン写真です。シュミレーション通りにインプラントが埋め込まれているのが分かります。もう少し深く埋め込むと上顎洞内に交通することが分かります。
また、ほぼ歯が無くなったような患者さんでも数本のインプラントで固定された歯の補綴ができます。
 
 
 
インプラント埋め込み後にジルコニアという固い素材で上部構造を作ります。
 
 
その上部構造の上に、歯肉付きの歯を作ります。一体となっています。
 
 
インプラントと歯牙との固定は特殊な金色のキャップ(AGCキャップ)ではめ込まれていて、メインテナンス時に器具で着脱し、洗浄できます。そのため、常に清潔な状態で使用できます。
 
顎関節症の治療
口を開け閉めする時に顎に痛みや雑音がおこる顎関節症という疾患です。原因は噛み合わせの異常や、精神的なストレスが原因とされてます。
治療法としては、Cadiaxという機械を使って、下顎運動の基本運動を記録し、顎関節症の病体を把握します。
 
 
 
 
咬合器に連動していて、顎関節の動きを再現できます。歯並びの異常を診断し、咬合治療を進めて行きます。
 
 
周術期口腔機能管理について
当院歯科口腔外科では全身麻酔下での手術、化学療法、頭頸部の放射線治療を行う当院がん患者に対して、
(1)術後の誤嚥性肺炎のリスク軽減
(2)歯牙の破折や脱落などの気管内挿管時のリスク軽減
(3)術後の経口摂取再開の支援
(4)口腔咽頭、食道手術における術後合併症のリスク軽減
(5)在院日数に対する削減効果
(6)口腔の感染管理・疼痛管理・環境管理によるがん患者のQOLの向上、がん治療成績の向上
を期待して、周術期口腔機能管理(口腔内診査、歯周組織検査、X線審査、口腔清掃指導、歯石除去、う蝕治療、保存不可能歯の抜歯、歯内治療、義歯調整、義歯修理、義歯新制作、スペーサー製作、口腔の疼痛管理、口腔乾燥防止処置)を提供しています。
平成24年度は169例、平成25年度は319例、平成26年度は366例の当院がん患者に対して周術期口腔機能管理を実施しています。
 
 
障害者歯科について
当院では歯科治療が困難な方に対して、全身麻酔下での歯科治療が可能です。また、宮崎、鹿児島では唯一の障害者学会における認定医指導医である森主宜延先生が月1~2回、当院で歯科治療を行っております。また、障害者歯科認定医のための臨床経験施設指定の登録がされました。予約制ですので、ご希望の方はご連絡下さい。
 
 
ペインクリニック
元鹿児島大学歯学部麻酔科助教授の横山幸三先生による口腔顎顔面領域のペインクリニックを行っています。頑固な顎顔面領域の疼痛や知覚麻痺、顔面神経麻痺等の治療を希望される方はご連絡下さい。
 
当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

岩﨑 竜馬(医長)

櫛間 英樹(医師)

村社 瑞穂(医師)

当科では、手術室内での麻酔管理および手術室の運営・管理を主に行ってます。 以下の4つの理念に基づいて手術室スタッフ一同、手術に臨んでおります。  
 
第1に安全性の確保  
第2に患者およびその家族との良好な関係の確立  
第3に患者およびその家族の快適性の向上  
第4に手術室の機能性・効率性の向上 
 
平成14年7月以降は、麻酔科医3名で診療を行っています。当院では年間約2,000件の手術が行われ、そのうちの7割を麻酔科管理で行っております。麻酔科管理では手術内容や患者さんの状態を考慮して、全身麻酔や神経ブロック(硬膜外、脊椎麻酔を含む)を使い、出来るだけ安全な麻酔管理を行うように努力しています。術後鎮痛については、硬膜外持続注入法や麻薬の継続静注法などを用いて、患者さんの状態に応じた疼痛管理を行っております。緊急手術には当番を決めて、365日24時間対応できる体制をとっています。
 
他治療科との綿密な連携の下、上記の理念を実践していく所存です。

 

更新日:2018.05.30