TOP »診療科・部門紹介 »診療科 » 循環器内科

診療科

118

循環器内科について

 循環器内科の担当する領域は、狭心症、心筋梗塞、不整脈などの心臓疾患を始めとして、大動脈解離や閉塞性動脈硬化症などの血管疾患、高血圧、高脂血症などの生活習慣病など、多岐にわたります。
また、手術を受ける患者さんの、術前検査としての心機能評価、周術期の心不全、不整脈の管理も担当しております。
 日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会総合内科専門医が診療を担当しており、必要に応じてより高度の医療が出来る施設と協力した診療が出来る体制をとっております。
 
 循環器内科で診療している主な病気には、以下のようなものがあります。
 

1.不整脈
2.虚血性心疾患
3.先天性心疾患
4.弁膜症
5.心筋疾患、心不全
6.大動脈疾患
7.高血圧、高脂血症、糖尿病
8.肺高血圧症

 


 
 
 「胸がドキドキする」、「息切れがする」、「胸が締め付ける」などの症状がある方は、当科で心臓超音波検査、冠動脈CTなどの精密検査を受ける事をお勧めいたします。また「血圧が高い」ことなどを指摘された方も、受診していただくようにお願いいたします。
 

阿南 隆一郎(医長)

卒業年:昭和57年

出身医局:鹿児島大学心臓血管・高血圧内科学

専門分野:日本内科学会総合内科専門医

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会臨床遺伝専門医指導医



 

更新日:2017.04.20