診療科

82

小児科について

小児科では新生児疾患を含む小児疾患全般の治療を行っています。さらに成長・発達という小児期の特性をふまえ、児の年齢に応じたアドバイスを行い育児の支援を行っています。また疾病や事故の予防法に関して情報提供を行い、児が健やかに成長できるようにサポートしたいと考えています。
入院治療については一般小児14床、新生児14床の計28床を備えています。
外来診療については、午前は初診または再診の一般外来診療を行っています。午後の外来診療は慢性疾患患者の定期受診、検査、予防接種を行っており予約制となっています。
 
NICU 新生児センター(母子医療センター)
当院NICUでは、主に在胎26週からの早産児、出生直後から内科的治療が必要な新生児の診療を行なっています。また、退院後の生活が順調になるように授乳指導や母児同室などを積極的に行っています
当センターの診療圏は、南は大隅半島、北はえびの・小林地区と広範な地域をカバーしており、この5年間は毎年入院患者数が増加しています。
 
2013年8月1日よりNICU加算病床6床(2013.8.1現在)GCU:12床(2015.9.1現在)を運営しています。
更に看護スタッフが充実してきたことにより、より細やかなサービスが提供できるようになりました。以前と同様に常に24時間体制で対応しておりますので気軽にご相談ください。
 
 

林 勇佑(医長)

卒業年:平成22年度

出身医局:熊本大学小児科

専門分野:日本小児科専門医

山下 貴大(医師)

卒業年:平成24年

出身医局:熊本大学小児科

裵 孝埈(医師)

卒業年:平成24年

出身医局:熊本大学小児科

中川 緑(医師)

卒業年:平成24年度

出身医局:宮崎大学小児科

南谷 曜平(医師)

卒業年:平成27年

出身医局:熊本大学小児科



 

更新日:2017.04.27