診療科

87

外科について

 当院外科では、消化器外科を中心に幅広い領域の手術を担当しています。年間手術件数は400~500件であり、日本外科学会専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設および日本乳癌学会専門医制度関連施設に認定されています。当院は地域がん診療連携拠点病院でもあり、過不足なく安全な治療を行うよう努めています。
 
 個々の症例の治療方針については、毎週カンファレンスで手術適応、術式、治療内容を検討しています。病期・病状に合わせてエビデンスに基づき、様々な治療オプションの中から根治性と安全性と術後QOLのバランスを考慮し、最も適した個別化治療の提供を心がけています。疾患の程度に応じて縮小手術などにより機能温存を図ったり、あるいは進行した癌に対しては血管合併切除など拡大手術を行って根治性を高めるようにしています。
 
 特に腹腔鏡手術を積極的に導入し、小さな傷、少ない出血量で体に優しく、術後の良好なQOLと早期退院を目指しています。多くの手術が鏡視下に行われるようになり、食道・胃・結腸・直腸・肝・胆・膵・脾・ヘルニア・救急疾患などにおいて、保険収載されている範囲内の術式を行っています。

 

 手術のみならず、抗がん剤や分子標的薬などと外科手術を組み合わせる集学的治療を行っています。発見時に切除困難と診断されても、化学療法によって根治手術が可能となる場合もあり、予後の向上を目指して取り組んでいます。

 

 また、消化管穿孔、腹部外傷、虫垂炎など救急疾患には24時間365日対応しています。

 

 なお、外科的治療か内科的治療か判断が難しいなどの場合にも、当科を窓口としていただき、ご遠慮なくご紹介ください。

 

<診療疾患>
消化器がん(食道、胃、結腸、直腸、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓など)
乳がん
良性疾患(食道裂孔ヘルニア、アカラシア、胆石・総胆管結石症、脾疾患、ヘルニア、下肢静脈留など)

後藤 又朗(統括診療部長)

卒業年:昭和60年

出身医局:熊本大学消化器外科

専門分野:日本外科学会専門医・指導医、 消化器がん外科治療認定医、 日本消化器外科学会専門医

沖野 哲也(部長)

卒業年:平成2年

出身医局:熊本大学消化器外科

専門分野:日本外科学会専門医・指導医 日本消化器外科学会専門医・指導医 消化器がん外科治療認定

田中 洋(医長)

卒業年:平成7年

出身医局:熊本大学消化器外科

専門分野:日本外科学会専門医

杉原 栄孝(医師)

卒業年:平成19年

出身医局:熊本大学消化器外科

専門分野:日本外科学会専門医

松村 和季(医師)

卒業年:平成26年

出身医局:熊本大学消化器外科



 

更新日:2017.04.27