TOP »診療科・部門紹介 »診療科 » 呼吸器外科

診療科

79

呼吸器外科について

当院はがん診療拠点病院であり、地域の肺がん診療の拠点です。呼吸器外科では主に肺がんの手術、治療を行っており、特に比較的早期に発見された肺がんに対しては、低侵襲の胸腔鏡下根治手術を行っております。手術療法だけでなく、化学療法や放射線療法を併用し病期に応じた集学的治療も行っております。高齢者や重い持病をお持ちで手術の負担が大きいと思われるような患者様には、手術以外の負担の軽い治療をおすすめすることもあります。
 
他にも様々な胸部悪性疾患、炎症性疾患、感染症、外傷なども治療対象としており、常に最新の知見を取り入れ最適な検査、治療を提案するとともに、『患者様に寄り添った診療』をモットーに安全、安心かつ、患者様の負担軽減、入院期間の短縮を目標としています。
 
 
【主な診療対象疾患】
・悪性疾患:原発性肺がん、転移性肺がん、胸膜中皮腫、気管癌
・良性疾患:良性肺腫瘍、炎症性肺腫瘍、気胸、肋骨骨折、外傷性血気胸、膿胸、肺化膿症
・その他:縦隔腫瘍(胸腺腫、奇形腫、甲状腺腫)、胸壁腫瘍、不明胸水、頚部・縦郭リンパ節腫大など
 
 
【セカンドオピニオン】
他院で肺がん、胸部悪性疾患の診断を受け、当院でも相談を希望される患者様にはセカンドオピニオン外来として相談をお受けしています。診断を受けた施設の紹介状(診療情報提供書)、画像情報・血液検査・病理組織検査などの記録をご持参ください。完全予約制ですので当院地域医療連携部にお問い合わせください。
 
健康診断、人間ドック、職場検診などで胸部の異常を指摘され、とりあえず精密検査だけご希望される場合でも遠慮なくご相談ください。

巻幡 聰(医長)

卒業年:平成5年

出身医局:福岡大学呼吸器・乳腺内分泌・小児外科

専門分野:日本外科学会認定医・専門医

日本呼吸器外科学会専門医

CT検診認定医

JATECプロバイダー

加藤 文章(医師)

卒業年:平成12年

出身医局:福岡大学呼吸器・乳腺内分泌・小児外科

専門分野:日本外科学会認定医・専門医



 

更新日:2016.10.17