診療科

97

泌尿器科について

 当院の泌尿器科では平成29年7月よりホルミニウムヤグレーザーの器材(LUMENIS Versa pulse select 80W)を購入し、前立腺肥大症に対して経尿道的レーザー前立腺切除術(HoLEP)を開始しました。HoLEPは前立腺を確実に処理でき、しかも術中・術後の出血が極めて少ないのが特徴です。
 さらにこのレーザーは、硬い組織でも十分な破壊力があるので、前立腺のみでなく尿管結石治療にも応用できる汎用レーザーです。以前よりかなり効率よく結石を破砕できるようになりました。腹腔鏡手術件数も年々増加傾向で今年度は200例前後の症例数となりました。
 平成30年度より当科では鹿児島大学泌尿器科医局よりさらに1名の医師が増員となりましたので今後さらに都城の泌尿器科医療に貢献できるよう努力していきたいと考えています。
 
H29.4月~H30.3月 腹腔鏡下手術 合計 198例 手術件数 518例
腹腔鏡下前立腺全摘出術 87例  腹腔鏡下膀胱全摘出術 11例
腹腔鏡下腎部分切除術 11例  腹腔鏡下腎(尿管)摘出術 26例
腹腔鏡下尿膜管切除術 4例  腹腔鏡下膀胱脱手術 52例
TUR-BT手術 95例 TUR-P手術 30例 HoLEP手術 48例 TUL手術 61例
精巣固定術 31例 内シャント造設術 10例 など
 

山崎 丈嗣(医長)

卒業年:平成14年

出身医局:鹿児島大学泌尿器科

専門分野:日本泌尿器科学会専門医・指導医

日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医

日本がん治療認定機構がん治療認定医

医学博士(鹿児島大学)

慶田 喜文(医師)

卒業年:平成16年

出身医局:鹿児島大学泌尿器科

専門分野:日本泌尿器科学会専門医・指導医

日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医

日本がん治療認定機構がん治療認定医

川上 一誠(医師)

卒業年:平成25年

出身医局:鹿児島大学泌尿器科

福元 渉(医師)

卒業年:平成26年

出身医局:鹿児島大学泌尿器科



 

更新日:2018.05.30