TOP »診療科・部門紹介 »部門 » 画像診断センター

部門

127

画像診断センターについて

特徴


放射線などを利用した医用画像による診断を行います。
また、X線や電子線を利用した放射線治療をおこないます。
スタッフ 専門スタッフにより運営されています。
放射線科医師:2名
診療放射線技師:9名
看護師:2名
放射線助手:2名
 
 
[診療放射線技師長]野村 尚史
※フィルムレスですが、デジタル画像をCDフィルムにて提供できます。
 
 
 
 

装置及び検査内容の紹介

1.一般撮影部門(デジタルCR画像)
胸部・腹部・骨全般・BMD法による骨密度測定
歯科領域のパントモ、デンタル撮影
乳房撮影を行っています。
 
2.透視部門(デジタルDR画像)
食道・胃・小腸・大腸透視・気管支鏡検査・ERCP
インターベンション:胆嚢・膵臓・腎・IVHポート挿入 など
 
3.CT部門
80列および16列 2台のMDCTを使用して、高精細画像を提供(横断・冠状断・矢状断・3D画像)
頭部・頚部・胸部・腹部・四肢
インターベンション:CT透視下肺生検
 
4.RI部門
人体に影響のない微量の放射性同位元素を投与して、その分布状態を画像情報としてとらえる検査です。
二つの検出器で全身・スペクト(回転)撮像・心臓・肝臓・腎臓・甲状腺・全身骨・腫瘍シンチ・消化管出血シンチなど行っています。
 
5.MRI部門
1.5テスラの高磁場を使用した高精細画像を提供
頭部・頚部・腹部(肝・胆・膵)MRCP・四肢骨撮像
VSRADの認知症検査も行っています。
造影剤を使用しない頭部MRA・頚部MRA・四肢MRA
エックス線を使わないので、被曝がなく、安全で痛みもありません。
強い磁石を用いるため、体内に金属の入っている人や、ペースメーカーを装着している人は検査ができない場合もありますので検査前に説明を受けてください。
 
6.血管撮影部門
一般にエックス線写真では観察できない血管系に、造影剤(エックス線を透過しにくい薬剤)を注入して撮影し、コンピューターにより画像を処理して画像にします。
造影剤は、そけい部や肘の血管から細い管(カテーテル)を目的の部位まで挿入して注入されます。そして造影された血管系の状態により病態が診断され、検査だけではなく直接治療薬を注入したり、その血管をつめたりする治療も行います。
 
7.放射線治療部門
放射線治療は高エネルギー放射線を悪性腫瘍などに照射して治療を行うものです。
当院では4MV・10MVのX線と4,6,9,12MeVの電子線治療を行っています。
 

医療機器はこちらをクリック

最新の装置を保有しています。

80列MDCT装置 ガンマカメラ(SPECT) MRI装置(1.5)
乳房撮影装置 リニアック放射線治療

 

血管造影撮影装置(DSA) 骨塩定量装置(腰椎)

 



 

更新日:2016.01.08